防音工事で音楽や演奏を心置きなく楽しめる│音漏れブロック施工

男性

洋館を工事する場合

オペレーター

防音工事をする時に、一戸建て住宅と多くの部屋がある洋館では防音工事の方法も変わってきます。洋館の工事をする時には、いかにその他の内装を崩さずに外からの音を防ぎ、中からの音漏れをしない部屋を作れるかが重要となります。

View Detail

思いっきり趣味を楽しめる

女性スタッフ

音楽演奏を趣味としている人や教室を開業している人、あるいはプロのミュージシャンにとって、自宅を演奏の場に利用しているケースでの部屋の防音は極めて重要な作業となっています。特に現代においては人々の質の高い生活を保持する為社会権への関心が非常に高くなっており、それは住宅同士のスパンが狭く密集したロケーションとなりがちな日本の住宅事情において、必ずしも音の大きな音楽を演奏する人が有利な状況とは言えなくなっているからです。一般的に自宅の部屋をハウススタジオ化したり、あるいは防音工事を施して防音室にリフォームする場合、部屋の四周に防音パネルを張り巡らし、場合によっては床からの振動を防ぐための工事も行います。床面の対振工事はドラム演奏等床面から反響し周囲に振動が漏れ出し易いケースで多用され、大きな成果を得ています。

防音工事をしたら、あとは自分の好きなことをたくさんできます。防音工事なので、ほかの人にもあまり迷惑をかけることはありません。防音工事をして防音室やハウススタジオにするにはかなりのお金がかかるかもしれませんが、問題が起こってからではとても遅く、その後にたくさんお金を費やしてしまう場合があります。なのでその前に防音室やハウススタジオを作って楽しんでください。しかも、防音室やハウススタジオを作っていたら、仲間と一緒に趣味等を楽しむということができます。騒いでも大丈夫なので、盛り上がっても迷惑をかけることはありません。そして、仲間との絆もさらに深まります。楽しい日々を送るためにも、とても大切です。

防音室を造ってみよう

男性

防音室というのは昔に比べると手軽に造れるものになりました。その為、自宅で防音工事をしてハウススタジオを造る人もかなり増えてきています。一軒家でも近隣住宅密集地の場合は防音工事が必要でしょう。

View Detail

戸建て住宅につくる

不動産案内

基本的に戸建て住宅の場合であれば比較的自由なデザインで防音部屋やハウススタジオを作ることができます。音が好きな人は周りに迷惑をかけずに自分の好きな音楽を聞く為にも防音工事をしてみると良いでしょう。

View Detail